スポンサーリンク

ブログ運営

Googleアドセンス審査一発合格!運営1ヶ月の雑記ブログの申請まで。準備とまとめ

2021-01-01

2020年12月25日、google アドセンス(Googleの広告配信サービスである「Google AdSense」)の審査に一発合格しました☆今回はその体験談をWebサイトやブログを運営している方向けに記事としてまとめます。

ブログ超初心者(※)の私がどうやって、1か月でアドセンスに合格したのか、解説したいと思います。
※超初心者=サーバーって?プラグインって?みたいなレベルです。仕事でPC使ってますので、タイピング速度は自身あります(中学生の時からタイピングゲームで鍛えていました)。

私も申請をする前に、いろんなかたの情報収集したのですが、

「審査が厳しい」
「年々どんどん厳しくなっている」
「不合格だった…」

というネット情報がとても多くてずっとビビっていました。
知り合いにも3回落ちてやっと合格って方もいました。

Google AdSenseってそんなに審査合格難しいの・・・?

と、思いながらも、記事を書くことはクロネさんのブログ(ブログ初心者が100記事まで書き続けるための10段階講座)を参照しながら、「読者視点」「人の役に立つ記事」ということを意識して書いていました。

クロネさんの記事では、20記事書いたところで、Google AdSenseに申請と記載があるので、20記事に到達したところで、落ちてもいいと思いながら、申請してみました。

その結果、申請から一日半後くらいに、あっさり一発合格。

  • 開設してからおよそ一ヶ月
  • 記事数20記事
  • 毎日は更新していないが、2.3日に1回は更新している。
    という状況でした。

そんなわけで、「こんな状況でも合格したよ!」という参考になればと思い、申請したときの状況と準備したことをまとめてみました。

やることさえやっていれば、意外とありのままで大丈夫」かなと思えました。
これから申請する方の参考になれば幸いです。

1.Google AdSenseの審査時間(期間)

2020年12月に合格した私の場合、12/24 0時台に申請、12/25 11:15に合格の通知メールが来ました。

申請からおよそ31時間後です。

このような合格の通知メールが来ます。

グーグルからのメールには審査には数日程かかるとありましたが、思ったより早かったです。初心者ブログだったのに、と感動しました。
しかし、同時期に申請された方でも、1週間かかった方、3週間かかった方等様々です。

2.Google AdSense申請までに準備したこと一覧

Google AdSense申請までに準備したこと」をリスト化しました。
審査対象である当ブログがWordPressで作成されているので、WordPressを想定した項目になっています。

  1. レンタルサーバの契約、独自ドメインの取得
  2. WordPressテーマの導入とカスタマイズ
  3. 20記事執筆
  4. プロフィール作成
  5. プライバシーポリシーのページ作成
  6. お問い合わせページの作成
  7. Google Analytics、Google Search Consoleへの登録・両者の連携

必須となるのは①〜⑥です。

⑦のGoogle Analytics、Google Search Consoleへの登録は、「アドセンス対策」としては必須ではありません
私はブログ開設時点で参考にしていたブログに設定方法が乗っていたのでそのままの流れで行ってしまいました。

のちのちやることになるので、余裕があれば設定してもよいですが、気になりすぎてしまう性格の方はやらない方がいいです。ブログ書く時間が減るだけです。

各項目の詳細や、準備のポイントについては、下記で詳しく記載します。

3.Google AdSense申請までに準備したことの詳細

ここからは、実際に当ブログ(こそだてblog (hoikuenmama.org))を審査対象としてGoogle AdSenseを申請したときに、準備したことの詳細とポイントを記載していきたいと思います。

準備①:レンタルサーバの契約、独自ドメインの取得

WordPressで作成したブログを公開するために、レンタルサーバの契約独自ドメインの取得です。これがとても重要です。

Google AdSenseの審査基準として、独自ドメインの取得が必須となっています。

実際、申請時に審査対象のWebサイトのURLを入力するのですが、入力フォームに以下の注意書きがあり、独自ドメインのURL以外は入力できなくなっているのです。

URLにはパス(example.com/path)やサブドメイン(subdomain.example.com)を使用できません。

そのため、ブログ開設時は、独自ドメインを取得することになります。独自ドメインとは、自分の好きな文字列を設定したWebサイトのURLのことです。「https://xxxxx.com」の「xxxxx.com」の部分が独自ドメインに該当します。

気をつけなければならない例は、アメブロなどの「独自ドメインに対応していない無料ブログサービス」でブログを開設した場合です。この場合は、URLが「https://ameblo.jp/xxxxx/」のようになりますが、ドメインは「ameblo.jp」です。これはユーザー独自のドメインではないため、Google AdSenseの申請ができません。

ちなみに「ameblo.jp」以下の「/xxxxx/」の部分はサブディレクトリと呼ばれ、ドメインではありません。

当ブログでは、レンタルサーバーは【ConoHa WING】を使用しています。

アドセンスをやるぞ!と思い立ってずっと参考にしていたブロガーさんが利用していて、その手順通りに行ったら、これだったというだけです。いろいろあるようですが、初心者なので差はわからないです。

どのくらいブログを続けるか、不明確でしたが、とりあえず、半年契約してしまいました!!(半年分の料金を支払う)

【ConoHa WING】から申し込みをするとレンタルサーバーの契約・独自ドメインの取得が一連の流れで、す~っとできてしまいます♪(クレジットカード払いの場合のみ)

準備②:WordPressテーマの導入

Cocoon
Cocoon | WordPress無料テーマ (wp-cocoon.com)

サーバーをレンタルしてブログを始めるとなると、WordPressを導入することになると思います。
当ブログでは、WordPressの無料テーマ、Cocoonを使用しています。理由は続くかわからないのに有料でなんてできないから、です!軌道に乗ってきたら有料テーマも考えたいと思っています。

準備③:20記事執筆

さて、いよいよワードプレスの設定ができたら記事を書いていきます。
執筆方法はなんとなくわかるものの、外観がやっぱり気になる!ってなったりして、設定をいじってみて、なんとなくブログ形式ではなく記事っぽく表示されるやつを選んだりして。
そりゃもう大変でした。

だけど、見てくれはあとからいくらでも修正可能、それよりも記事をかけ!と先輩方のアドバイスがありましたので、ある程度納得したところで、記事をひたすら書き続ける。

記事が書けたらご褒美として、ちょこちょこっと外観をいじってみる。という繰り返しでした。

アドセンス合格時に掲載されていた記事は、当ブログを遡っていただいて、最初の1~20記事です。
1記事目はひどいものでした。
日記か!とツッコミを入れたくなるほど。
毎日毎日アドセンスのことを考えて調べていたので、日々記事の内容は良くなっていきます。本当にマシになってきたと思います。
遡ってリライトしていくのは20記事を過ぎてから(アドセンス合格後)行ったのですが、まだまだです。1記事目はとりあえず投稿方法の勉強という感じだったのでそんな記事も混ざったまま、申請しました。
ちなみに最初の記事は、500文字程度しかなかったと思います。

合格時の概要】
全20記事
投稿期間:11/28~12/24
文字数:500字~2500字(あまり長い記事は基本書いてません)
ジャンル:地域情報、整理収納、育児
基本、体験談。自分の人生経験をありのままに記事にしています(=完全オリジナル)。

準備④:運営者情報(プロフィール)の作成

「プロフィールなしでGoogle AdSense不合格、その後プロフィールのみ追加して合格」という事例を見つけたことがありますので、プロフィールは必須です。

とはいえ、単純に「Google AdSenseに合格するため」という目的のみであれば、そんなに力の入ったプロフィールでなくても大丈夫です。

私も、名前、性別、年代、どんなことが好きか興味があるのか、出身、将来どうなりたいか等のみです。

準備⑤:プライバシーポリシーのページ作成

当ブログにもプライバシーポリシーのページがあり、フッターにリンクを貼っています。

プライバシーポリシーの表示も、AdSenseで必須コンテンツとして定義づけられています。
(ちなみに、AdSenseを利用していなくても、アフィリエイトや個人情報を利用するサービスを使っている場合は、「プライバシーポリシー」のページの作成が必須です。)

このプライバシーポリシーですが、親切な方がネット上でフォーマットを提供してくれているので、コピペで大丈夫です。ググればたくさん出てきます♪
だけど、自分でも最初は一度内容を読んで理解してくださいね。

参考になるようでしたら、当ブログのプライバシーポリシーのページの内容をコピペしていただいても、大丈夫ですよ。

準備⑥:お問い合わせページの作成

これも必須です。当ブログにももちろんあります。

WordPressのプラグイン「Contact Form 7」を使うと、簡単にできます。
こちらもググるとたくさんやり方が出てきます♪

準備⑦:Google Analytics、Google Search Consoleへの登録・両者の連携

Google AnalyticsGoogle Search Consoleは、Google AdSense申請には必須ではありませんが、自分のサイトのデータを残しておくために、登録しておいた方がよいです。

Googleアナリティクスは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。
サイトの訪問者数、PV(ページごとの見られた回数)、訪問者がどこからきたのか、パソコンで見ているのか・スマホで見ているのかなどがわかります。
このデータをもとに、よく見られている記事をリライトして充実させたり、サイトの訪問者数を増やすための対策を練ることができます。

Googleサーチコンソールは、以前はウェブマスターツールと呼ばれていたようです。
こちらもGoogleから無料で提供されているもので、登録するとサイトが Google にどのように認識されるかを確認でき、SEO対策やサイト改善へつなげられます。
ページのクリック数・クリック率、掲載順位、クエリ(ユーザーが検索時に入力する単語)などを知ることができます。

最初のうちは本当に訪問者0なので、みると悲しくなります。導入だけで問題ないです。閲覧時間が勿体ないのでその時間に記事を書きましょう(笑)

4.Google AdSense申請の際の詳細

・運営期間
 私の場合、合格まではブログ開設からおよそ1か月でした。
 2020年11月28日 サーバー契約、初記事投稿
 2020年12月24日 0時頃、20記事目の投稿が終わり、
         よなよなGoogle AdSenseの申請を行いました。
         この日は夜、1記事投稿をしています。   
 2020年12月25日 12時頃、記事投稿を行っていまして、
         それが終わった13時頃メールを開いたら合格のメールが!(記事投稿に集中していて11:15に来ていたメールに気づいていなかった)

運営期間が一ヶ月程度という方は、実は割と多くいると思います。
一ヶ月で合格!という記事はよく見かけます(^_-)-☆

・記事数
 20記事
 もっと少ない記事数で合格されている方もたくさんいます。
 しかしながら、とりあえずの20記事ということもあり、ぐっとこらえて20記事までは申請を出しませんでした。
 ただ、ゴミみたいな記事や文字数の少ない(1,000文字以下)もいくつかあったので記事数で稼いだような感じもします。私の合格時の記事は1,000字台の記事が圧倒的に多かったと思います。

・PV数
 申請時は、1日1〜5PVでした

別端末でブログの表示確認をおこなったりもしているので、ほぼ100%、訪問者は自分のみです。

12/18よりtwitterを開始したのですが、それでもアクセスはほぼ集まらず(というかアクセスの集め方がわからず)。

とてもさびしい状態ですが、これで無事に合格しています。

・更新頻度
 毎日ブログを書く習慣を!ということの為もあり、極力書いていました。しかし、仕事・家事・育児とブログ・・・って入ってくる隙間ほぼないじゃん!って感じでしたが、諸先輩方の記事を読みながら、キーワード選定はパソコンでやって、記事は携帯で通勤時間中に書くのようなスキマ時間を活用して何とか3日に1回以上は更新できるようにしていました。人間やればできる!

・意識したこと
 体験談多め=「自分にしか書けない記事」を書く。これはつまり、調べて書く必要がほぼないので、自分の記憶と多少の過去資料を引っ張り出してくればいいだけなのです。究極の時短だと思っています。

5.おわりに

ちまたでGoogle AdSenseが厳しいと言われていたので、一度落ちてもまた再挑戦すればいいと思ってのあっさり合格だったので、自信になりました!(^^)!
多少自分のブログはgoogle評価されているんだ…という感じで、このままブログ頑張ろうとも思える出来事でした。

旦那からは「一度不合格になった方がブログのネタ的にはおもしろいんじゃなかった?」とも言われましたが…

この記事を読んでくださったあなたの不安が、少しでも解消できればいいなと思っています。

ブログ初心者でもできましたので、幸運を祈っております!

スポンサーリンク

-ブログ運営
-

© 2022 ずぼらイズム Powered by AFFINGER5