広告

育児コラム

お米食べたら痩せた!不思議!?しっかりご飯を食べた方が痩せる理由!

本ページはプロモーションが含まれています

「お米を食べたら痩せた」と不思議で驚いている人がいます!

「だって、お米はカロリーが高いじゃないか」と。

しかしこの不思議な現象には、しっかりと理由が存在します。

白米を控えめにしっかり食べることと適切な生活習慣のバランスが、実はダイエット成功のカギなのです。

本記事ではその理由を徹底解説します。

 

お米食べたら痩せた不思議を徹底解説!

「お米を食べて痩せる」というのは、一般的なダイエット法とは異なるように思われがちですが、実は科学的な根拠があるものです。

これを理解するためには、玄米と白米の違い、そしてそれぞれの効果を理解する必要があります。

できれば玄米がおすすめ

玄米は、精白されていないお米のことを指します。

玄米には、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

これらの栄養素は、腸内環境を改善し、血糖値の上昇を穏やかにする役割を果たします。

一方、精白された白米は、玄米と比べて栄養価が低いとされています。

腸内環境の改善

玄米に含まれる食物繊維は、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。

これにより、腸内環境が改善され、便秘解消や体型維持に役立ちます。

 

血糖値のコントロール

玄米の低GI値(血糖値上昇指数)は、血糖値の上昇を抑え、満足感を長持ちさせることが可能です。

これにより、間食を減らし、カロリーの過剰摂取を防ぐことが期待できます。

量の管理

お米を食べて痩せるには、適量を摂ることも重要です。

食べ過ぎてしまうと、カロリー過多になりやすいため、一食分のご飯の量は控えめにすることが推奨されます。

すなわち、「お米を食べて痩せる」秘訣は、玄米の適量摂取という点にあります。

ただし、これはバランスの良い食事と常時の運動と並行して行うことが前提となります。

また、個々の体質や病歴によりけりなので、持病がある方などは、専門の医療機関や栄養士と相談してくださいね。

 

しっかり白米を食べた方が痩せる理由とは?

ここまで玄米のすすめの話をしましたが、

味がどうしても苦手…という方もいるでしょう。

どうしても無理な方はもちろん白米でもOK!

白米を適量摂取することが健康的な体重管理に繋がるという考え方は、特に下記の要素に注目しています。

エネルギーバランスが良い

白米は栄養価が高く、カロリーも適度に含まれています。

このエネルギー源をうまく活用することで、体のエネルギーバランスを保つことができ、結果的に体重の管理が可能になります。

 

満腹感が持続する

白米は満腹感を感じやすい食品です。

一定量を食べた後、満腹感により食事の摂取量が自然と控えめになることで、過剰なカロリー摂取を抑えられます。

 

血糖値のコントロールができる

白米は主食として常に摂取することで、血糖値の上昇や下降を安定させ、急な食欲増進や血糖値の乱高下を防げます。

血糖値が安定していると、食事後の満足感が長持ちし、間食を抑制できます。

 

ヘルシーな選択肢である

白米は、パスタやパンなど他の主食よりも低カロリーである可能性があります。

また、配合された砂糖や油脂が少ないため、他の食品と比較して健康的な食事とすることが可能です。

しかし、これらの理由が白米を食べれば必ず痩せるという結果を保証するものではないと理解することが重要です。

食事全体のバランスや生活スタイル、個々の体調などが体重および健康状態に影響を与えます。

 

夜に白米を食べないとどうなる?

夜に白米を食べないと、以下のような影響が考えられます。

しかし、これらは個々の生活スタイルや体質、食事の全体的なバランスにより異なるため、一概には言えません。

 

エネルギーレベルの変化

白米は主に炭水化物からなる食品であり、体へのエネルギー供給源となります。

したがって、夜に白米を食べないと、エネルギーが不足し、体の機能や活動に影響を及ぼす可能性があります。

 

飢餓感

白米は満腹感を与える食品のひとつです。

夜に白米を食べないと、夕食後も飢餓感を感じる可能性があります。

適度な満腹感がないと、眠れなかったり、夜食を摂ってしまう可能性もあります。

 

栄養バランス

白米はビタミンB群や炭水化物などの栄養素を提供します。

これらの栄養素が不足すると、体の機能や健康に影響を与える可能性があります。

 

体重管理

炭水化物を夜に制限することは一部のダイエット方法として提唱されています。

しかし、炭水化物を過度に制限するとエネルギー不足に陥り、さらには体調を崩す原因にもなります。

 

栄養バランスを考慮した食事を心掛け、体調と相談しながら最適な食事パターンを見つけることが大切です。

 

 

確実に痩せるお米ダイエット3選

確実に痩せることを目指す場合、お米ダイエットは以下のような方法があります!

①玄米ダイエット

玄米は白米に比べて栄養価が高く、飽和感があるためダイエットに適しています。

玄米だけ食べるのがつらい場合、そのまま食べるだけでなく、部分的に白米と玄米を混ぜて消化を助けることもあります。

 

②少量多頻度食法

この方法は一日3食から5~6食に分けて、ごはんを少しずつ食べる方法です。

この方法は血糖値が安定し、食事ごとのカロリー摂取量を減らすことで一日全体のカロリー摂取量を控えめにすることができます。

 

③おにぎりダイエット

これは1日の主食をおにぎり2つにするダイエット法です。

おにぎりは手軽に食べられ、具材によっては栄養価が高い食事になります。

また、食べる量を視覚的に把握しやすいため、食事の量をコントロールしやすいです。

 

ただし、これらのダイエットが必ずしも痩せるという保証はありません。

体重を減らすためには、健康的なダイエットだけでなく、

適度な運動やストレス管理、十分な睡眠なども重要になります。

また、個々の身体状況や健康状態により結果が異なります。

 

お米ダイエットでどんどん太る人の特徴5選

お米ダイエットで逆に体重が増えてしまう人には、以下のような特性や行動パターンが見られることがあります。

①適量を超えて摂取してしまう

お米はカロリーが高く、制限なく食べると摂取カロリーが増え、体重増加につながります。

一食あたりのご飯の量を自分の体重と照らし合わせ、しっかりとコントロールすることが重要です。

 

②食事のバランスを忘れる

お米だけを食べて他の食品群を忘れてしまうと、必要な栄養素が偏った食事となり、健康に悪影響を及ぼすことがあります。

これは適切な体重管理には逆効果となることがあります。

 

③食事だけに頼っている

ダイエットは食事だけでなく、適度な運動やストレス管理、十分な睡眠など、生活全体のバランスが重要です。食事だけに頼っていると体重が増えてしまう可能性があります。

 

④ご飯を食べすぎる時間帯

夜遅くに大量のご飯を食べると、消化しきれずに体脂肪として蓄えられやすくなります。

夜食や深夜のご飯は控えることが重要です。

できれば就寝時間の3時間前までに炭水化物の摂取が完了するとよいでしょう。

 

⑤すぐに効果を求める

体重を落とすことは時間と努力が必要なプロセスです。

即効性を求めて大量にご飯を制限すると、反動で食べ過ぎてしまうようなリバウンドを引き起こす可能性があります。

 

これらのポイントを意識して、ご飯の量やタイミング、食事のバランスなどを調整することが成功への一歩となります。

 

まとめ

お米ダイエットには、玄米ダイエットや少量多頻度食法、

おにぎりダイエットなど様々な方法がありますが、

必ずしも痩せる結果を保証するものではありません。

全体的な生活習慣や、食事のバランス、適度な運動も合わせて考慮することが重要です。

 

また、お米ダイエットで体重が増えてしまう人には、

適量を超えて米を摂取したり、全体的な食事のバランスを忘れたり、

運動不足だったり、適した時間帯に摂取しなかったり、

短期間での効果を求めすぎたりといった特性や行動パターンが見られます。

 

あくまで体重管理やダイエットは、飲食だけでなく生活習慣全体を見直し、

時間をかけて継続することが必要です。

 

参考【実体験】加圧トレーニングは意味ない?加圧トレーニングをやってはいけない人も解説!

続きを見る

 

参考【行きました】co-nect(コネクト)の評判・口コミ・料金を解説!体験談紹介

続きを見る

スポンサーリンク

-育児コラム