スポンサーリンク

子育て

リゾナーレ八ヶ岳|赤ちゃん含む子連れで6月に行った感想ブログ

2021-01-11

2019年6月、下の子がまだ0歳4か月の頃、神奈川県からリゾナーレ八ヶ岳まで1泊旅行をしてきました!上の子は2歳でまだまだ手がかかる時期。
それでもどこか旅に出かけたくて頑張っていった感想ブログです。

1. リゾナーレ八ヶ岳 場所など概要

住所:〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町129-1
ホームページ:【公式】星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳 - 大自然の恵みを愉しむリゾートホテル
最寄り駅:JR中央本線小淵沢駅より専用シャトルバス(無料バス)5分

夏に行くなら、6月が断然安い時期だと思います!
育休中だった為、時期が選べたのでハイシーズンになる前に安く泊まる為に6月を選んで行きました。

6月上旬に行きましたが、服装は半そででOKで、夕方~夜は長袖を羽織る程度で大丈夫でした!(年によって違うかもしれません)

2. リゾナーレ八ヶ岳 入口 ピーマン通り

リゾナーレ八ヶ岳の玄関口であるピーマン通り。
ここを通って、ホテルのフロントがあります。
ピーマン通りにはたくさんのお店、そして宿泊棟(レジデンスルーム)がありますが、
我が家はホテル棟の部屋でしたので、ピーマン通りのレジデンスルームは、「ここかぁ!」と
眺めるだけでした。

6月はこんな感じで通りの飾り付けが行われていました↓

ピーマン通り。カラフルな傘でいっぱい。雨は降りませんでした。

3. チェックイン~ホテルルーム~

我が家はホテルルームの宿泊予約をしておりました。
ピーマン通りの奥にあるホテル棟へ着くとフロントがあり、その棟に宿泊します。
フロントから上下移動だけなので、赤ちゃん連れでも部屋についてしまえばラクちんです。
事前にベビーベッドをお願いしていましたので、ベビーベッドを借りたので、4か月の下の子も
夜は安心!!
上の子はベッドをくっつけて添い寝です( *´艸`)

ホテルのロビー。おしゃれ。スタイリッシュ。


我が家はスタンダードなお部屋をチョイス。ウッドデッキ付き。
6月の昼間はウッドデッキが心地よくてとてもよかったです!

引用:スタンダードテラスツイン | 【公式】星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳 - 大自然の恵みを愉しむリゾートホテル (risonare.com)
引用:スタンダードテラスツイン | 【公式】星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳 - 大自然の恵みを愉しむリゾートホテル (risonare.com)

でも期待外れだったのは、部屋の壁紙がはがれていてそのままだったこと。
清掃は行き届いていたので、壁紙くらい・・・と思ってしまえばそれまでなのかもしれませんが
事前で調べた情報が良いものばっかりで、値段もそこそこするので
良いイメージばっかりだったので、なんだか残念でした。

4. リゾナーレ八ヶ岳 周辺施設・アクティビティ

ピーマン通りにはたくさんのショップがあります。
お土産買うもよし、我が家は2食ビュッフェだとお腹いっぱいになってしまいすぎると思い、
朝食付きの宿泊プランにして、夜ご飯はピーマン通りで何件か周り、
夕食を調達して部屋でいただきました。
2歳の娘もなんとか食べれるものを探して、、という感じでした。

アクティビティは、
・森の空中散歩
・ステンドグラス工作
・陶芸
・パラグライダー

等があり、アクティビティセンターで予約ができます。
我が家はまだまだ子供が小さかったので断念致しました。

周辺施設としては、八ヶ岳にはアウトレットがあります。
RESORT OUTLETS YATSUGATAKE (yatsugatake-outlet.com)
こちらのアウトレット、購入するしないに関わらず、駐車場が1回300円と有料でした。
郊外型の商業施設で駐車場有料って珍しく、ちょっと驚きました。
関東近郊のアウトレットの中では比較的規模が小さく、階段や坂が多くベビーカーにはあまり優しくない造りでした。
キッズスペース(森の公園)はあり、子供が外で遊ぶための施設はあります。

アウトレットなら木更津や御殿場等が広くておすすめです。

5. リゾナーレ八ヶ岳のプール(イルマーレ)

引用:プール | 【公式】星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳 - 大自然の恵みを愉しむリゾートホテル (risonare.com)

プールエリアは休憩スペース(大人の空間)も多く、
0歳赤ちゃんにはクーファンを貸出してくださいました。

その他プール レンタル可能品一覧
タオル(人数分)
浮き輪空気入れ
ビーチボール
子供用スイムベスト
ビート版 等

下記レンタル品は有料
・スイムウェア
・親子ペア水着
・ビーチドレス 等

・浮き輪レンタル無し(浮き輪は販売のみ:2,000円)


キッズエリアには楽しそうなアトラクションがたくさんありましたが、
ビビりな上の子はボールプールでひたすら遊んでいました。
親としては波のプールもあるし、いろんなエリアで遊んでほしかったのですが。。。
下の子は4か月でもプールに入れなくはなかったでしょうが、感染等が心配で入れなかったです。
ベビースイミングを始めた6か月以降に水着をもってきていたらもう少し家族みんなで
楽しめた気がします。
また、1歳以降になれば歩けるので、もっともっと楽しかったなと…
100%楽しめなかったことに後ろ髪を引かれました。

今回は宿泊プランに無料でついていたプール入場だったので、
行って、少しでも入れたことで良しとし、1時間程で退場しました。

※2018年夏にプールリニューアルがあったそうです!

6. リゾナーレ八ヶ岳の朝食 YYグリル

宿泊の次の日はYY GRILL(ワイワイグリル)で朝食をいただきました。
バイキング形式です。

高原の朝食はどれもおいしかったです!が、特筆すべき情報がない…
おいしかったけど、
他のところでももっとおいしい朝食あるよ…(小声)
「ベビーウェルカムで最高でした」みたいなブログ記事もたくさん読みましたが
私たちはそうでもなかったなという印象でした。
特に悪いイメージもなかったですが、良くしてもらったということもなく、
たぶん期待しすぎだったのだと思うのですが…

7. まとめ

個人的に口コミを書くとしたら
値段の割にそこまで…という感じでした。
事前の口コミ・ブログ等を読み過ぎてよい評価で期待が膨らみ過ぎていたということもあります。
ただ、話題のリゾナーレ八ヶ岳に行けて、ご飯を作らなくてよい、自然に囲まれてよい空気を吸ったと思えばよかった旅です。

子どもがもう少し大きくなったらもっと楽しめると思いました。(その分お金もかかりますがね…)

スポンサーリンク

-子育て
-

© 2022 ずぼらイズム Powered by AFFINGER5