スポンサーリンク

ワーママ

ワーママブログ 2歳差育児の1日のサバイバルタイムスケジュール

2021-02-03

私は4歳と2歳の保育園に通う子供がいる、ワーママです。

現在はフレックス勤務をしていて、定時より1時間半早い17時退社をしています。

ここでは、正社員ワーキングマザーである私の1日を紹介します。
1日のタイムスケジュールと、スケジュール通りに動けるよう工夫しているポイントを解説します。

【ブログ記事を書いている私のプロフィール】
川崎市在住の30代ワーキングマザー 。夫と娘(4歳)・息子(2歳)の4人家族。
不動産関係の営業職に従事。現在はフレックス勤務中。

ワーママの勤務スタイル:フレックスタイム制

フレックス勤務(フレックスタイム制)で働く私の1日のタイムスケジュールを紹介します。

フレックスタイム制とは、一定の期間についてあらかじめ働く時間の総量(総労働時間)を決めた上で、日々の出勤・退勤時間や働く長さを労働者が自由に決定できる制度です。「flex(柔軟な)」という文字通り、業務の状況やプライベートの予定に合わせて柔軟に労働時間を調整することが可能で、変形労働時間制の一種とされています。

私の場合、フルタイム勤務が7時間半なので、
7時間半×出勤日数(例えば20日)=150時間と定められており、
1か月のうち、150時間時間は自由で、150時間働けばお給料が満額いただけて、
足りない時間分はお給料からひかれています。
(もちろん17時退社しているので毎月いくらかお給料から不足分を引かれるのですが、
朝早く出勤したりした日はその時間から勤務時間とできるので、不足分を補うことができます)

フレックスタイム制を導入している企業はコアタイムを定めていて「コアタイムは出勤すること」等と
決まりがあるようですが、私の勤めている会社は、「電話が鳴る時間(10~18時)」はなるべく会社にいることとなっているのであまり旨味がありません。
それでも働くママにとっては子どもの病気の時など、フレキシブルに勤務時間を調整できるのでありがたいです。

ワーママの1日のサバイバルのようなタイムスケジュール

  • 7:30 起床、身支度、朝食準備
  • 7:50 朝食
  • 8:10 登園準備
  • 8:25 パパが保育園に子供たちを預ける
  • 8:30 洗濯、身支度
  • 9:30 出社
  • 17:00 退社
  • 18:00 お迎え
  • 18:20 帰宅、お風呂
  • 18:45 夕食の準備
  • 19:00 夕食
  • 19:30 自由時間
  • 20:00 歯磨き、寝る準備
  • 20:40 寝かしつけ
  • 21:30 翌日の夕食準備
  • 22:30 自分の時間
  • 24:00 就寝

朝はパパと一緒に登園

朝は子どもたちはパパと一緒に登園します。
子どもたちを送り出してから出勤までのわずか15~20分の時間に洗濯や夕食の下準備等だけでもやっておきます。

時間が限られているので、時間になったらサッと諦めて、会社へ向かいます。

勤務中は仕事を徹底的に効率化

9時半から仕事がスタート。
10時からは電話が鳴るので、その前の30分で集中しないといけない仕事をこなしていきます。
やらなくていいこと、やっても稼げないこと等を見極め、徹底的に効率的に進むように意識して仕事をしています。

基本的には17時に退社しています。
パパがお迎えに行ける日等は10分程度残業したりするときもありますが、
職場の方々が保育園のお迎えに理解があり、残業していると声をかけてくださいます。
ありがたい限りです。

保育園から帰宅後は育児に専念

仕事が終わったら子供たちを迎えに行き、帰宅したらすぐにお風呂に入ります。
コロナ禍になってから、菌を落とすために、帰宅したら夕食前にお風呂という順番にしましたが、
多少お腹がすいているのを我慢できれば、時短になると思います。

理由は、夕食→お風呂だと食休みの時間が必要ですが、
お風呂→夕食だと、お風呂あがってからすぐに夕食を食べる流れに持っていけるからです。

慌ただしい、お風呂と夕食の時間が終わったら、子供たちと遊びます。

遅くとも21時就寝を目標にしています。

夜は可能な限りの家事とリラックスタイム

子供たちが寝静まったら、日によっては遅い時間まで勤務していたパパの帰宅&夕食準備と
次の日の夕食の準備等を済ませます。
これらが終わったら1時間程度自分の時間。最近はテレビを見たり、ブログを書いていることが多いです。

睡眠時間を確保できないと次の日にも響くので、できるだけ24時には就寝します。

時短スケジュールのポイント1.時短家電を使う

我が家は賃貸住宅ですので、時短家電がなかなか導入できていませんが、
掃除は狭いので掃除機で、食洗機は今とってもほしいけど、家を買ったらかなぁと思っています。

家事を限られた時間で済ませるには、ワーママ三種の神器を使いこなすべしだと思っています。

ワーママ三種の神器
1.食器洗い乾燥機(食洗機)
2.洗濯乾燥機
3.おそうじロボット

そのかわりに我が家にはインスタントポットという電気圧力鍋があります。自動調理器ともいうのでしょうか。。
火をつけているのを見張ってなくていいので大変便利です。
詳しくまとめた記事はこちら→インスタントポット メリット・デメリット 1年間使ったレビュー

購入はこちら

時短スケジュールのポイント2.  朝ごはんは火を使わない

朝ごはんは火を使わないメニューにしています。
(できれば今後包丁も使わない方向でいきたい)

朝ごはんメニュー例
パン、ヨーグルト、いちご、牛乳

等です。。以前はチーズやソーセージ、スープに野菜も出さないとと思っていましたが、
用意したのに食べてくれない、食べるのに時間がかかって保育園に行く時間に間に合わない等
それはもういろんなことがあり、上記に集約されました。
少ないし、栄養バランスもいかがなものかとは思いますが、とりあえず今はこれで落ち着いています。

時短スケジュールのポイント3.夕飯はパルシステムの時短セットor作り置き

ワーママをやっていて一番大変に感じているのが、毎日の食事。

特に子供の食事は味覚を育てたり、季節の食材を取り入れたりといろいろな工夫が必要なもの。。。
忙しいとついつい忘れがちになってしまう季節の食材も生協(パルシステム)にお任せすればなんとかなるもの。
特に3日分の時短セットを私はフル活用しています。→パルシステムのレビュー記事はこちら

セットメニューが嫌な時や頼み忘れたなんて時はひたすら作り置きをして
仕事のある日の夜はレンジで温めるだけでご飯が完成できるようにしています。

また、他にも今日は作るのが大変だなと感じたときはみんなで焼いたり煮たりしようということで、
最近、BRUNOを導入しました。

時短スケジュールのポイント4.疲れたときは無理をしない

疲れていてもう家事をする気力がない…。しんどい…。ということも正直あります。あって当然です。

夫は家事育児に比較的協力的ですが、料理はまったくしません。

そんなときは、外食する、宅配する、などです。1日くらい栄養がどうのなんて言ってられません。子どもたちは保育園で栄養満点給食を食べてきています。

本当に疲れているときは子どもたちと21時ころから一緒に寝てしまうこともしばしばあります。

そうすると翌日にはすっきり!!

私は基本的には子どもたちと同じ時間に起きますが、朝5時ころに目が覚めれば家事や一人時間を満喫できます。

家事代行サービスで作り置きサービスも受けてみたいなぁと思っている今日このころです。

子どもの病気について

ワーママが避けられない子供の風邪・発熱。

コロナ禍で除菌やマスクの徹底がなされた昨今、2020年度から1歳児クラスに入園した下の子は
ほとんど熱が出ることもなく助かっていますが、常に、万が一明日休んでも極力迷惑がかからないように仕事は整理した状態で退社するようにしています。

机の上や中や書類はすべて整理整頓された状態で誰に見られても恥ずかしくないように…です。

職場に迷惑がかかることも時にはあるでしょう。しかし子供にとっての母親は自分だけです。
職場の方々には感謝の気持ちを持って、勤めましょう。

ワーママは手を抜けるところは抜くことが大事!

ワーキングマザーは仕事だけでなく、家のこともしっかりしなければと思っている人が多いと思います。
私は何年かワーママを経験してみて、何もかもをちゃんとやろうと思うと疲れてしまいました。

今は使えるものはフルに使って、手が抜けるところは罪悪感なく手を抜いています。

育休から復帰するときは気が張っているので、ついひとりで頑張りすぎてしまうもの。

あれもこれも頑張りすぎずに、パパに頼る、家事代行サービスや時短家電を使う等して
無理なく続けられるような1日のルーティンスケジュールを立て、充実したワーママライフを送ってくださいね。

スポンサーリンク

-ワーママ
-