スポンサーリンク

子育て

【3人目使用中】ドッカトットはいつからいつまで?口コミやデメリットも紹介

2022-10-30

北欧生まれの移動式ベビーベッド、ドッカトット。

(写真:DockATot(ドッカトット)公式ページより)

ママとベッドで添い寝できたり、リビングで寝かして家事ができたり、抱っこして寝かしつけをして置いても起きないし、よく寝てくれる!

そしておしゃれで上品!と評判なお品です。

ドッカトットは本当に買う価値があるのかどうなのか知りたい、ベビーベッドを買うかベビー布団を買うか、どうしようかと悩んでいる方が読む記事です。

我が家は3人目の夏生まれのボーイがドッカトットを使用しています。

この記事でわかるドッカトットのこと

  • いつからいつまで使える?
  • デメリット
  • 購入者の口コミ
  • 私の体験談
  • 必要な人、必要じゃない人
  • 他に代用できるものはあるか?

 

読んでもらえば、なるほど!と感じてもらえること間違いなしです!

ドッカトットは安全性もヨーロッパやアメリカ、日本の基準を満たしているので安心です。

 

お値段知りたい方はすぐにこちらからチェック↓


 

 

ドッカトットはいつからいつまで?

ドッカトット デラックスプラスドック(小さいサイズ)の場合、生後0か月の新生児から生後8か月まで使用できます。

新生児から利用できるので、安心です。

我が家も退院したその日から使い始めました↓(新生児ちっちゃい♡)

助産師の母が、初めてドッカトットをみて、これはおなかの中の環境と似たように作ってあるので、よく寝てくれそうね!と絶賛していました。

赤ちゃんが安心して過ごせる、キュッとした使用感を維持するため、使用期間は生後8か月までです。

体重は10kgまでです。

ドッカトットには2サイズあります。

ドッカトット デラックスプラスドック(小さいサイズ)がサイズアウトしてしまったら、

卒業後はドッカトット グランドドック9か月~3歳まで(大きいサイズ)があります。

 

ドッカトット サイズまとめ

デラックスプラスドック(小さいサイズ) 0~8か月(体重10kgまで)

ドッカトットグランドドック(大きいサイズ)9か月~3歳(体重10-18kgまで)

 

実際に、8か月まで使えるかといえば…私の友人は8か月まで使っていたという子もいました。

ただ、生後2,3か月になるとだいぶ窮屈そうに感じたり、手が外にはみ出ようとしている…という声も聞かれます。

 

うちの子も2か月半にしてすこし窮屈そうに見えます。

個人の体格差もありますが、公式ページの通り、8か月まで使える子もいるみたいです。

3歳息子(15kg)が遊びで、小さいサイズのドッカトットに乗るとこうなりました。。。赤ちゃん寝るからやめてくれー‼

しかもピースしてやがる…(;'∀')

ドッカトットの口コミ・評判

ドッカトットに入れて寝かせると本当に良く寝るという口コミをたくさん見かけます。

8か月頃になると、ドッカトット卒業が見えてくるようですね。

ベビーベッドもなしでドッカトットで過ごした方もいらっしゃるようです。

もはやドッカトット以外では寝ないツワモノ赤ちゃんも…!

よほど心地よいのでしょう。

ドッカトット内で寝返りできる?

寝返りについては、ドッカトット内で寝返りをしてしまう子もいるし、

ドッカトットの枠を超えて寝返りする子もいるようです。

いずれにせよ、成長過程でどちらも起こる現象だと推察されます。

寝返りした後、寝返り返りができるまではドッカトットの枠部分で窒息して事故が起こってしまわないか心配なので、保護者監督の下使用するのが望ましいと思います。

ドッカトットをベビーベッドの代わりにできるか?

答えは半分イエス、半分ノー。

我が家は和室に敷布団を敷いて家族で寝ています。

新生児は一緒に添い寝するとつぶしそうで怖いので、ドッカトットに入れて夜も寝かせていました。

ドッカトットの周りのふわふわが寝相の悪い兄、姉から守ってくれます。

(時々寝相が悪すぎて足が飛んでくるのでね…)

ただ、ベビーベッドと違って高さがないので、親がベッドで寝ている場合は、ベビーベッドを使用した方がよいと考えます。

おすすめのベビーベッドはこちら▼

また、寝室はベッドだけど、リビング等に赤ちゃんのお昼寝場所として使用するのであれば、ドッカトットはおすすめです。

ドッカトット 洗濯方法・洗い方

ドッカトットのカバーはファスナーを開ければ簡単に取れます。

カバーは洗濯機で洗えるので、吐き戻しやおしっこ漏れがあっても、洗えます。

下部分のファスナー

上部にもファスナー

ドッカトットのカバーを外すと下記のようになります(一番右がカバー)。

中身は背中の部分と周りの部分に分かれているのです。

しかし、カバーは一枚でくっついているので、下だけ濡れたから洗おう、、、ができないのです。

カバーとチューブは洗濯機で洗えます。

マットレス部分は手洗いです。

カバーが分厚いため、ちょっと汚れてもマットレスまでは液体汚れが染み込みにくいので、マットレスは手洗いですが洗う頻度は低いです。

カバーを外して洗うのが面倒だからと言って、上から防水シーツをかぶせるのはNGです。公式サイトでも禁止されています。


 

しかし、ドッカトットのカバーが厚手でできているため、乾きにくいという側面もあります。

もしドッカトットをメインで使って、ほかにベッドもベビー布団もないのであれば、

洗い替えの際はカバーが必要かなと思います。

分厚くて、ちょっと天気が悪いとなかなか乾かないです。

洗い替えカバーはこちら↓

 

洗い替えカバーの色は、ホワイト・セレスチャルブルー・ストロベリークリーム・クラウドグレー・マリンシャンブレー・ジンジャーシャンブレー・インディゴシャンブレー・ラブリーライラックシャンブレーの8色があります。

 

ドッカトットのデメリット

メリットばかり書いてきましたが、デメリットも書いておきます。

・価格が高い

→価格が高くてよいものは、需要がありますので、購入して不要になったらメルカリ等で売りましょう。

 

・使える期間が短い

→8か月or10kgに到達してしまったら、どうしても不用品になります。人に譲るかメルカリで売りましょう。うまくいけば半額くらい返ってきます。

ベビーベッドもつかまり立ちしたら危なくて使えなくなるので、使用期間としては同じくらいかと思われます。

 

・カバーが分厚い

→天気が悪い日は乾きにくいです。しかし下まで染みにくいので汚れても中のマットレスまで洗わなくてよいのは助かります。

ドッカトットを買うべき人

ドッカトットの購入を検討すべき人はこんな方です。

こんな方におすすめ

  • ベビーベッドやベビー布団を買わない予定の人
  • おうちの中でママの移動にあわせて赤ちゃんと過ごしたい人
  • 里帰り出産の人(自宅に持ち運び簡単=実家でも自宅に帰っても同じ環境で寝かせてあげられる)
  • 赤ちゃんが良く寝てくれるベビー布団を探している人
  • 赤ちゃんをワンオペでお風呂に入れることがある人(お風呂のわきにバウンサー置いておく方法はバウンサーだとおむつが外しにくい・あてにくいので移動式のドッカトットはかなりおすすめ)
  • 二人目以降でお兄ちゃん・お姉ちゃんの寝相が悪い人

 

 

 

ドッカトットの最安値

公式サイトから買うのであれば、下記で楽天をチェック✅

公式サイトが楽天のサイト利用しています!

迷ってる方はすぐチェック!

ちなみにAmazonの方が若干安いです。(2022年10月現在)

価格は変動するので、アカウント持っていれば、楽天・Amazonどちらもチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

-子育て
-